車のチューニング 吸気系と排気系

車のチューニング吸気系

車のエンジンは、出力をしていくために、燃料を使い燃焼させることが必要です。
そのためには、空気を吸い込まなければいけません。いくら燃料があっても、空気がなければ火が付かず、出力は発生しないものだからなのです。

吸気の効率を上げる方法としては、抵抗を無くしてスムーズに取り入れていくことが大切です。ですが、空気の中にはいろいろなものが混ざっているため、フィルターを通していくことになります。
これが吸気の効率を落としてしまっている部分で、バランスをとっていくことが重要となるのです。

車の吸気系をチューニングする場合、クリーナーボックス自体を交換してしまう方法と、フィルターだけを交換する方法が存在します。クリーナーボックスを交換することで、形状も効率的なものにすることができ、ヘビーチューンにも対応させることができます。

簡単に行っていくのは、フィルターのみの交換です。こちらは金額も安く済み、効率も上がっていきます。

車のチューニングの中でもライフサイクルに要注意

こうしたチューニングは簡単に効果を出すことができる反面で、フィルターの寿命を短くしてしまう欠点も持っていることを忘れてはいけません。
空気が吸い込みやすくなった半面、不純物も吸い付きやすく、交換サイクルはかなり短くなってしまうのです。

それでも手軽にできる車のチューニングのため、人気が高い方法の一つであるといえるでしょう。

 

車のチューニング排気系

ライトチューンの象徴ともいえるのが、排気系のチューニングでしょう。
車は何でもつければ速くなるわけではなく、エンジンを効率化させたり、無駄を省くことで早く走れるようになったりするものなのです。
そこで、手軽な金額で行える排気系は人気の的となっているといえるでしょう。

エンジンをいじることなく、排気効率を上げることでピークパワーを上げることができるようになります。そのために、マフラーを付け替えることになりますが、ここで勘違いが出てしまうのはいっそ無くしてしまえばいいのではないかということです。

実際にマフラーを外してしまうと、抵抗はなくなりますが、トルクも失ってしまい、車は加速性能を失うことになります。適度に抵抗を与えることで、バランスをとることができるのです。

車のチューニングは保安基準にのっとって

マフラーといっても、全部を交換することはありません。排気システム全体をマフラーと呼んでいるだけで、本来は最後の排気システムをマフラーと呼びます。
排気口に当たる部分だけを交換することで、効果を発揮させることも可能です。
特に音にこだわるのであれば、これだけのチューニングでも違いが出てくるのです。

排気系はライトなチューニングとはいえども、保安基準も明確になっています。
音や走りも大切ですが、車検に通るパーツを使っていくことは、もっと大切なことになるのです。