車のセキュリティーで有名なイモビライザーの仕組み

車のセキュリティーシステムには、いくつかの形が存在します。
最近多くなってきたのが、イモビライザーでしょう。

セキュリティーの仕組みとしては、キーに特殊な暗号を発進させることで、内部に設置したコンピュータが本当にあっているかを判断します。
この暗号をIDコードといいますが、一致しない場合にはエンジンを始動させません。

キーを複雑化させることで、本体の盗難を防ぐ効果があります。最近では標準装備も増えましたが、後付することも可能です。この仕組みを破るイモビライザー破りもありますが、現在では所持しているだけでも処罰の対象となる地域が拡大しています。

イモビライザーの弱点

センサーを付けることも大切です。
車に異常な振動を感じた場合に、音や光で異常を知らせます。
この音を出すアラーム型は、時に誤警報で騒音問題となることもあるため、駐車場所の問題がある場合には、光で知らせるようにするといいでしょう。

こういったセキュリティーシステムは、電源を切られたら終わりです。そのため、ドアだけではなく、バッテリーが収まっているボンネットに関しても対策を考えておくことが大切だといえるでしょう。

相手は素人ではなく、プロの犯罪です。自分で大丈夫と思うのではなく、この車は時間がかかり面倒だと思わせるほどにしておくことが重要になるといえるでしょう。

セキュリティー構築

車の安全を考えて、セキュリティーシステムを構築しようと考える場合、まず真っ先に思い浮かぶのがディーラーでしょう。
正規ディーラーであれば、車にあったものを購入することができますし、設置やセッティングもお願いすることができます。
手間も少なくて済むため、誰もが一番先に思い浮かぶ方法でしょう。

しかし、弱点も存在します。それが、それだけ普及しているということです。情報が多く出回っているため、破り方も知られてしまっていることがあるのです。特定車種が狙われたりするのは、こういった情報の流出によります。そこで、専門の店舗に依頼する方法が出てきているのです。

セキュリティー専門店ならではの着眼点

最近、かなり増えてきましたが、セキュリティー専門の店舗が増えました。パーツ店舗というより、セキュリティー専門店であり、特化してきているのが特徴です。
プロの技術を利用することができるため、ほとんどの車種に対応することができます。特にヨーロッパ車の場合には、対応が難しいこともありましたが、こういったところに依頼することで安全性を確保することができるでしょう。

専門店ならではの着眼点もありますので、犯罪者に負けることのない防犯装置にすることができるのです。これにより、これまで以上に強固に守っていくことができるようになるといえるでしょう。